トップイメージ
ホーム社協紹介事業紹介介護保険事業共同募金ボランティア社協だより
タイトル 事業紹介→地域福祉活動在宅福祉貸付・相談事業 テキストサイズテキストサイズを大きくしますテキストサイズをデフォルトにしますテキストサイズを小さくします
タイトル地域福祉活動
ふれあいひろば開催事業
八雲地域の70歳以上の高齢者を招待し、米寿のお祝いやアトラクション等で一日を楽しく過ごしていただく。

事業写真01 事業写真02


社会福祉大会開催事業
少子高齢化や核家族化の進行、厳しい経済情勢などを背景に、新たな福祉課題を町民と社会福祉関係者が一堂に会し心豊かな地域福祉づくりをともに考える。

事業写真03開催時期
・ 隔年開催(福祉懇談会が無い年に開催)
参加者
・社会福祉関係者及び本大会の趣旨に賛同する町民
内容
・式典・表彰・記念講演・ボランティア実践報告・大会宣言・採択をもって構成されています。社会福祉関係者及び大会の趣旨に賛同する町民の参加のもと開催されます。

福祉懇談会開催事業
福祉関係者が一堂に会し、地域における生活課題に対する問題意識を共有するとともに、協働した支え合いの推進を図る。

開催時期
・隔年開催(社会福祉大会が無い年に開催)
参加者
・社会福祉協議会理事・監事・評議員、八雲町ボランティア連絡協議会加盟団体会員、福祉関係団体(者)、一般町民
内容
・講演・実践報告を受け、町及び社会福祉関係者の参加のもと意見交換会が行われます。

ページ先頭へ

在宅福祉
寝たきり高齢者等移送サービス事業
自ら歩行及び移動が困難な寝たきり高齢者に対し、社会参加を促進することにより、健康の維持増進を図り、在宅において安心して生活ができるよう援助するため車による送迎を実施する。

サービスの内容
・週に1回(往復)もしくは片道2回
 (※土曜日・日曜日・祝日と年末12月30日から年始1月4日まで運休です。)
・病院等への入退院及び通院
・機能回復訓練等のための施設への通所(八雲地域を除く)
・レクリエーション等社会活動への参加

サービスの利用対象者及び地域
・利用対象者 概ね65歳以上の寝たきり高齢者で、自ら歩行及び移動が困難な者
・利用地域 八雲地域に居住する者(八雲地域内)、熊石地域に居住する者(熊石地域内)

申し込み方法
・八雲町社会福祉協議会へ申請書を提出して下さい。


給食サービス事業
八雲町に居住する独り暮らし高齢者等、日常生活に支障のある方に対し給食サービスを行い、食生活の改善を通じて健康保持を図り、高齢者等の安否の確認や孤独感を和らげ、在宅生活を支え、自立と生活の質の向上を図る。

サービスの内容
・週4日実施
 (※火曜日・土曜日・日曜日・祝日と年末12月30日から年始1月4日まで休みです。)
・利用者1人当たり週2回以内

サービスの利用対象者及び地域
・利用対象者 概ね65歳以上の独り暮らしの高齢者及び、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯。重度心身障害者。
・利用地域 八雲地域内

申し込み方法                             
・保健福祉課介護保険係へ給食サービス支援事業利用申請書を提出して下さい。


緊急通報システム設置事業
ひとり暮らし高齢者等に緊急通報用電話機を貸与し、急病・災害等の突発的事態が発生したときに迅速かつ的確な救援体制をとるとともに、日常生活上で抱えている悩みごとに対し相談業務を行うことにより、高齢者の生活不安の解消及び人命の安全を確保し、福祉の増進を図る。

システム設置
・緊急通報用電話機・ワイヤレスペンダント・熱センサー・ガスセンサーを一体的に貸与する。

設置対象者
・設置対象者 概ね65歳以上の独り暮らし高齢者で、健康状態、身体状況又は日常生活動作の状況に不安のある者
・設置条件 自宅に電話があり、かつ緊急連絡員が2名いる者

申し込み方法
・八雲町社会福祉協議会へ申請書を提出して下さい。


 緊急通報電話機の使い方(191KB)


乳酸飲料無料宅配事業
独り暮らし高齢者を見守り、孤独感を解消するため健康飲料の販売員による愛の一声運動を実施し、高齢者の健康保持と事故防止をはかるとともに、社会交流を促進して福祉増進をはかることを目的とする。

実施方法
・実施期間は11月1日から翌年3月31日迄の期間
・健康飲料販売員が対象者宅に飲料を月曜日から金曜日の間に2本〜3本を配達

対象者
・11月1日現在、満70歳以上の独り暮らし高齢者を対象とする。
 但し、近隣に住む親族と交流があるなど、また商店経営をしているなどで事故防止できる方は除くものとする。
・対象者については、民生児童委員に調査を依頼し、担当区域の対象者の把握、確認により対象者を決定する。


福祉機器貸与事業
日常生活をおくることに支障のある高齢者等の在宅生活を支援するため、ベッド、車椅子の無料貸し出しを実施する。

利用対象者
・八雲町に住所を有する方で、福祉用具が必要な高齢者及び障がい者。
 ※介護保険のレンタルできる方は対象外

申し込み方法
・八雲町社会福祉協議会へ申請書を提出して下さい。


生きがい対応型デイサービス事業
介護保険の対象とならない八雲地域の要介護状態になるおそれのある高齢者及び身体障がい者等が日常生活動作の維持回復や生きがいを高め自立生活の助長が図られるよう支援する。

・実施場所 八雲デイサービスセンター内
・実施地域 八雲地域
・利用料 介護保険要介護1の方と同額



要介護認定調査(訪問)業務
介護保険法に基づく介護保険サービスを利用するための受給要件となる要介護認定のための訪問調査を実施する。
・実施地域 八雲地域、他町村から依頼があった場合


介護予防サービス計画作成業務
介護保険法に基づき要支援1・2と認定された方で、包括支援センターから委託を受け介護予防居宅サービス計画作成業務を実施する。
・実施地域  八雲地域


高齢者生活指導員派遣事業
介護認定において「自立」と判定された要援助困難者に対し、日常生活を健康で安らかな生活を営むことができるよう、町、居宅介護支援事業所と検討協議し、必要な支援、指導を提供するため、ホームヘルパーを派遣する。

・実施地域 旧熊石地域
・派遣時間 1時間程度
・利用料 介護保険の生活援助単価と同額


独り暮らし高齢者訪問事業
65歳以上の独り暮らし世帯の人が日常生活において、不安や孤独感の解消を図り、健康で安らかな生活を営むことができるよう、生活指導員が訪問し生活状況及び健康状態の確認に努める。

・実施地域 旧熊石地域
・利用時間 1回あたり15分程度
・訪問回数 週2回限度
・利用料 無料

ページ先頭へ

貸付・相談事業
生活一時金貸付事業
低所得世帯に対し資金の貸付と必要な援助、指導を行い、経済的自立と生活意欲の助長促進を図り、安定した生活を確保することを目的としています。

貸付対象者 八雲町に住所を有する方。
災害・疾病・出産・葬儀・就職・教育その他緊急の出費を要する次に掲げる世帯
1. 身体障害者世帯
2. 母子世帯
3. 災害による罹災世帯
4. 低所得世帯

貸付金限度額 50,000円
償還の方法 貸付けの日から6ヶ月以内
利率 無利子
保証人 1名


生活福祉資金貸付事業(北海道社会福祉協議会受託事業)

生活福祉資金貸付制度とは?
北海道社会福祉協議会から委託を受け、他の貸付制度が利用できない低所得者、障害者、高齢者世帯に対し必要な相談支援と資金の貸付けを行い安定した生活を目指すことを目的としています。八雲町社会福祉協議会が相談、支援、申請等の窓口となっています。

資金の種類は?(4種類)
1.総合支援資金 3.教育支援資金
2.福祉資金 4.不動産担保型生活資金

ご利用できる方は?
・低所得世帯 …世帯の収入が一定基準以下の方
・障がい者世帯
 1.身体障がい者世帯(身体障害者手帳の交付を受けている方の属する世帯。)
 2.知的障がい者世帯(療養手帳の交付を受けている方の属する世帯。)
 3.精神障がい者世帯(精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方の属する世帯。)
 4.障害者自立支援法によるサービスを利用している方の属する世帯
・高齢者世帯 …日常生活上介護を要する65歳以上の高齢者の属する世帯

連帯保証人は?
原則として1名

民生委員からの支援
この資金は生活の安定や立て直しを図ることを目的としていますので、申込時から貸付、償還完了まで、担当の民生委員が相談・支援にあたります。

申込方法は?
民生委員または八雲町社会福祉協議会へ

詳しくはこちら 北海道社会福祉協議会 生活福祉資金(外部リンク)


心配ごと相談所
日常生活上のあらゆる心配ごとについて、だれでもご相談いただけます。気軽にご相談下さい。

相談日 毎週 月曜日〜金曜日(休日は除く)

時 間 午後1時から午後4時まで

場 所
八雲町社会福祉協議会
  八雲町栄町13番地1  TEL 0137-64-2112
八雲町社会福祉協議会 熊石支所
  八雲町熊石根崎116  TEL 01398-2-2816

相談員 社会福祉協議会福祉活動専門員

相談料 無料

相談された内容は、個人情報保護法によって、機密の保持、保護されます。


日常生活自立支援事業(旧地域福祉擁護事業)
北海道地域福祉生活支援センターが実施し、福祉サービス利用の手続きや、生活費の管理、年金証書などの大切な書類の預かりをお手伝いしています。

ご利用いただける方
・高齢や障がいにより日常生活の判断に不安のある在宅で生活している方、在宅で生活する予定の方。

誰がサービスを提供するの?
・生活支援員がサービスを提供します。

利用料金は?
・1回(1時間程度)の利用で、料金1,200円と生活支援員の交通費実費を頂きます。
 『生活保護を受けている方は、公費で補助されるので無料です。』

サービスの内容
1. 福祉サービスの利用援助―福祉サービスについての情報提供や、利用手続きのお手伝い、 苦情を解決するための手続きのお手伝いを行います。

2. 日常的金銭管理―公共料金の支払い、年金受領の確認、預金から生活費の払い戻しなど日常的なお金の管理をお手伝い致します。

3. 書類等の預かり―定期預金通帳や年金証書など、なくしては困る大切な書類を預かります。
(保管は金融機関の貸金庫を利用します。)

相談受付時間
 月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)
 8:30〜12:00、13:00〜17:15
 八雲町社会福祉協議会
 TEL 0137-64-2112


詳しくはこちら 北海道社会福祉協議会 北海道地域福祉生活支援センター(外部リンク)

ページ先頭へ

社協紹介事業紹介介護保険事業共同募金ボランティア社協だよりアクセスサイトマッププライバシーポリシー

Copyright c 八雲町社会福祉協議会 All Rights Reserved.